過去問や入試問題を解きだすのはいつ頃からでしょうか

 

 

過去問や入試問題を早めに手を付けたほうが良いのではないかと不安になられますよね。

 

まず、過去問や入試問題に関して、

志望校の問題は6年生の夏~秋ごろから取り入れていきましょう。

 

これは早い段階で取り入れてもまだ習っていない問題など多く含まれてしまうからです。

そして、一通りの単元を習得した上で力試し、入試想定として解いていきましょう。

 

ただ、6年生まで志望校対策をしなくて良いわけではありません。

 

すでに行きたい学校が決まっている場合は、その時点で過去問を購入して、

どういった問題が出てくるのか、どういった形式で出てくるのかを早い段階で知っておきましょう。

 

これは基本的に中学受験大手塾では、

いろいろな難関校に対応できるよう幅広くの範囲を学びます。

 

しかし、実は志望校には「ことわざ・四字熟語が出ない」や「図形や規則性が多い」など偏りがあるのです。

それを早めに知っておいて、そこに注力しておいて損はないからです。

 

また、啓明舎では6年生になると「銀本」といった様々な学校の過去問集を解くよう指示されます。

そのタイミングから入試形式の応用・発展問題に入っていけば問題ありません。

 

 

パーソナルスタディでは、

啓明舎に通塾のお子さんに向け

個別で過去問対策やフォロー指導をしております。

ご興味のある方は是非お問い合わせください。

 

現在、LINE@にて啓明舎で成績を上げるための情報を配信しています。
LINE@限定情報や塾別の対策情報をいち早くお送りします。
また、お子さまの学習に関するお悩みなど、トークルームにメッセージをいただけましたら最優先で対応させていただきます。

下記のボタンから友だち登録をお願いします!

啓明舎用LINE
友だち追加