土曜志望校別特訓と通常授業はどちらを優先するべきでしょうか

6年になると「土曜志望校別特訓」(通称「土特」)が始まります。

いよいよ受験生となり、通常授業と土特どちらを優先すべきか悩む保護者の方も多いのではないでしょうか。

 

SAPIX生に共通するお悩みで、

“皆が受講するから自分も受講しないといけない”

という例が挙げられます。

 

周りの流れに流されたままになる前に、一度確認しておきましょう。

 

◆今のクラスはαですか?

◆通常授業についていけていますか?

◆通常授業で分からないところを解消することができていますか?

◆1週間のスケジュールの中に復習するための日はありますか?(土特の復習)

 

上記4項目にすべて当てはまるのであれば、土特でさらに力をつけることができます。

逆に、当てはまらない項目がある場合、土特よりは通常授業のための時間を優先してください。

 

土曜特訓は、

  • クラス名に校名が含まれるが、必ずしも『志望校別』にはなっていません。

→通常クラス分けを男女別にした様な感じになります。

 

  • 基本的に演習メインになります

→演習をする以上「見直し」が必要になるので、その時間がないとやりっ放しの状態になりがちです。

 

演習問題は“なぜそうなるのか”の「見直し」を抜きにして力にはなりません。

となると、見直しのできない演習対策よりも、通常授業についていくための時間を取ったほうが良いでしょう。

 

もちろん土特も大切です。

“やれたらやった方が良い事”に間違いはありません。

 

しかし、

やることを増やしすぎて中途半端にならない様、やるべきことを取捨選択する

ことが何よりも大切です。

 

常に「優先順位が高い」学習からやっていきましょう。

そして最も優先順位が高いのは“通常授業”です。

 

その週の通常授業の内容をしっかりと理解し、定着させましょう。

 

パーソナルスタディでは、パーソナルトレーナーがやるべき事を取捨選択し優先順位をつけます。

ご興味のある方は是非ご相談ください。

 

現在、LINE@にてSAPIXで成績を上げるための情報を配信しています。

LINE@限定の情報や塾別の対策情報をいち早くお送りします。
また、お子さまの学習に関するお悩みなど、トークルームにメッセージをいただけましたら最優先で対応させていただきます。

下記をボタンから友だち追加をお願いします。

SAPIX対策用LINE@
友だち追加