テストの見直し、解き直しはしたほうが良いですか

SAPIXに通われているお子さまで成績が上がらない子に共通していること。

それは、テストの見直しと解き直しに手が回っていないということです。

 

テストの見直し、解き直しをするなんて当たり前と思われがちですが、通常授業をこなすだけで精一杯のSAPIXのカリキュラムではなかなか時間は取れないことも多いと思います。

 

ですが、SAPIXの成績を上げるには、基礎力定着テスト、マンスリーテスト、組分けテスト、志望校判定テスト、たくさんのテストがある中でも見直し・解き直しを必ず行う学習計画が必要です。

 

この見直しで大切なのは、

解答用紙だけでなく実際の問題用紙を見ることです。

そして問題の考え方、「出題者の意図を理解できているか」に焦点をあててみてください。

 

ほとんどが下記の4パターンに当てはまります。

 

□ そもそも理解できていなかった

□ 理解があやふやだった

□ 理解ができていたが、ミスしてしまった

□ 時間がたりなかった

 

そもそも理解していなれば基本から見直さなければなりません。

理解があやふやなのであれば、定期的に類似問題を解きましょう。

理解できていたのであれば褒めてあげて下さい。次に繋がります。

時間が足りなかったのであれば、普段の学習から時間計測する習慣をつけましょう。

 

点がとれなかった原因をパターンで分析して今後の学習計画につなげていきましょう。

 

パーソナルスタディではテスト結果の分析はをトレーナーが行い、学習計画を立てていきます。

ご興味のある方は、是非お問い合わせください。