中高一貫校に通っている方で、

こういった事ありませんか??

 

☑高校受験がないからまだ○年は大丈夫…

☑中学受験を頑張ったんだから、今は遊びたい!

☑高校には行けるんだから、とりあえず学校の宿題をしておけば…

 

本日は、パーソナルスタディの講師に実際の経験も踏まえて

中高一貫校生の中3生の勉強への取り組み』に関して伺いました。

 

どう勉強していくべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!!

 

 

 

 

=======================================================

 

 

 

 

◇中高一貫校生にとって中3は勉強の分かれ道!!

 

高校受験がある人と違い、中高一貫校の中学三年生は一番遊べる時期な気がしますが

実は中高一貫校の学生にとって中学三年は学校での上位になるか落ちこぼれになるかの分かれ目の時期だったりします。

私の周囲ではどんなに中一、中二と頑張っていても中三でおいて行かれてしまった人がとても多かったです。

 

 

そして意外と

「高校入ったら仕切り直すし大丈夫。」

「高校から入ってくる人より内部生で進度も進んでいるしなんとかなる。」

というのがなんとかならなかったりもします。

 

 

実際、私の中学は一学年300人程度いるマンモス校でしたが、

そのうち中学三年で成績上位者から脱落し、高校の間に上位者へ返り咲いた人は3人程度でした。

(もちろん成績上位者でなくとも高校で頑張って一流大学へ進学した子はたくさんいました。)

そのくらい中学三年生というのは大事な時期だと私は思います。

 

 

では中学三年生で落ちこぼれないためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

 

 

 

◇生活全般にメリハリをつけましょう!

 

 

一つは生活全般にメリハリをつけることです。

なぜなら、中高一貫校の中三が成績を落とす理由の一つに生活リズムの変化があるからです。

 

 

高校受験はないし大学受験はまだ遠いのでそこまで勉強についてうるさく言われないことに加え、一部の部活は引退もあります。

 

部活で忙しかった生活から急に解放され、時間に余裕ができ、

遊ぶ時間が一気に増えるとテスト前ですら勉強が苦痛となりどんどん勉強時間は減っていきます。

気づけば取返しがつかないほど校内順位を落としている…という状況になるのは防ぎたいです。

 

 

 

そのためには例えば、

①朝練のある部活を引退したのならその時間、朝に学校の自習室へ行ってみる

 

中高一貫校の場合、多分大学受験を目前に頑張っている高校生が大勢居ると思うので刺激を受けることができると思います。

自習室が無い学校の場合は早めに教室か図書館へ行ってみるでもいいと思います。

 

 

 

そして、②塾に行く日や目標を決める

 

塾に通っている中三生なら授業がある日以外に自習に行く日を決め、

その日にちや曜日をお母さんや家族の人に伝えておくという方法がオススメです。

 

お母さんに自習日を伝えておく理由は、夕飯の準備等の理由ももちろんありますが

第三者に自習予定日を伝えることで

「今日は疲れたしもういいかな…」

「今日くらい自習さぼっても大丈夫だよね」

とさぼりたくになったときに

 

「え?今日って自習してくる予定の日じゃないの?」

と言ってもらえることが大きいです。

 

 

何を言われても勉強をやりたくないという場合は別ですが、

「なんとなく塾行くのが面倒」

などと思っている場合ひとこと言われるだけで「やっぱり行こうかな」になったりもします

 

 

目標に関しては色々ですが、私の場合は中三の時に志望大学を決めました。

 

大学受験がまだピンとこない場合は

「学校の定期テストで〇位以内に入る」や

「模試を受けてみて偏差値△以上をとる」でもいいと思います。

 

 

目標が何かしら具体的にあると無意味にだらだら勉強することを防ぎ、集中して勉強に取り組むことができます。

 

 

 

 

 

 

◇勉強でわからないところは『放置』しない!!

 

二つ目は勉強全般で言えることですが、分からないところを放置しないということです。

 

大抵の中高一貫校は中三から高校内容に入ります。

生徒自身が気づかない間に昨年より授業レベルが各段に上がっているので、

当然昨年までと同じ勉強量では成績は下がっていきます

 

中一、中二のときと同じようにテスト前に詰め込んで終わったら

忘れればいいやという様に勉強していると分からないところは増えていき、

その分からないところは大学受験範囲の基礎だったりもするので

大学受験勉強に入っても疑問が解決されないままついてまわるのです。

 

この様な状態にならないために、

当たり前のことですが分からないところはその都度解決する癖をつけましょう。

 

分からない部分がテスト範囲になるのなら遅くともその定期テストの日までには疑問を解決しておきましょう。

 

中三からこの癖をつけておくと受験生になったときにも強みとなります。

 

 

 

以上が私の考える、中高一貫校の子が中三で成績を落とさないための対策です。

 

 

パーソナルスタディは文京区白山にある大学受験・高校受験・中学受験の専門塾です。

個別指導の講師の他に、生徒一人ひとりに専属のパーソナルトレーナーがつき学習計画の策定や学習の習慣化トレーニングを行います。

解き方の理解だけでなく、1人で実践できるようスキルとして定着するまで徹底的に指導を行います。

目の前の子をどうやったら救えるか」を常に考えています。

 

◆教室一覧◆

白山小石川校

中高生を対象とした教室です。中高一貫校生であれば大学受験に焦点をあて、公立中高生であれば大学受験、高校受験それぞれに適した学習カリキュラムで進めていきます。

白山駅前校

中学受験を控える小学生を対象とした教室です。特にSAPIXや啓明舎などの大手進学塾に通いながら、その塾での成績を上げる(=クラスアップ)ための学習計画を策定します。

 

いずれの教室も『短期間で成績をあげる』ことを最優先に取り組んでいます。

パーソナルスタディのお問い合わせ